イベント情報

住み替えのきっかけは、母との同居を考え始めたこと

ご夫妻と2匹のネコが仲睦まじく暮らすのは、2人と2匹の暮らしにぴったりの、こぢんまりとした平屋です。

リビングの窓は大きく、日当たり良好。窓際のソファに腰かけ、暖かな日射しを浴びながら、「まさかこの予算で新築に住めるとはねぇ」と目を細めるのは、奥様。愛着たっぷりに部屋を見渡すその眼差しに、こちらまで幸せな気持ちになります。

ご夫妻のそれまでの住まいは、築30年の2階建住宅でした。
3人の子供達の自立後、奥様のお母様との同居を考え、「冬は寒いし、高齢者と同居するには間取りが不便」という理由から、住み替えを考え始めたといいます。

予算の都合で中古住宅を探していたけれど

当初は「予算の都合から」中古の住宅を探していましたが、なかなか希望の条件を満たす物件が見つかりません。そこで気分転換にと、シノカワホームのモデルハウスを覗いたことが転機となりました。

「その時もやっぱり新築は考えていなかったんですけど、親身に話を聞いてくれた営業さんが、しばらくしてから、"土地が安く売り出されています。新築しませんか?"と、家を訪ねてきてくれたんです。もちろん、そこでも即答はしませんよ。でも、その後、私が娘のお産の手伝いで札幌に行っている間に、主人がすっかりその気になっていまして(笑)」。

どうやら、営業さんとご主人の間で、いろいろな話し合いが行われたよう。

「私も営業さんの正直さがにじみ出る人柄や説明に、これは建てて間違いないかなと思い始めていたし、暖かい家に住めるのならその方がいいですよね。心配だったのは資金面でしたが、予算ぴったりで新築でき、本当によかったと思っています」。

細かな希望に応えてくれました

一番のお気に入りの箇所はと訊ねると、「対面キッチンですね」と、奥様。

「平屋ですし、土地もそう大きくはないので難しいと言われたんですけど、最終的には他の部屋を小さくしたりとやりくりしてくれました。主人と会話しながら家事ができるし、テレビも観られる。昔から憧れだったので、嬉しいですね。あとは、母が来た時の為にとお願いした、トイレの横の部屋。こちらも希望通りに作ってもらえました」。

その他、ゆったりとした玄関やトイレ、ネコのトイレを置くスペース、クローゼットのハンガーラックを2本に増やす...等、細かな要望にも応えてもらえたといいます。

「主人はソフトクローズ仕様の引き戸が気に入っているよう。先日、子供達が家族を連れて遊びに来た時には、家に上がるなり、"ほら、これ見てみろよ"って自慢気にドアを開け閉めしていましたよ(笑)」。

今後も続く幸せの家づくり

窓際では2匹のネコたちが、気持ちよさそうに昼寝をしています。ひょっとして、ネコ達も新居が嬉しいのかしら、と深読みしてしまうほどに。

「ここに越してきてから、朝早く目が覚めるようになったんです。掃除も楽しくて、朝からはりきっています。実はまだ引っ越しの片付けが全部終わっていないので、これから家に合わせて家具を新調したり、ゆっくり少しずつ整理をしていくつもりです。ここの壁とあっちの壁には、孫の写真をもっとたくさん飾りたいと思っているんですよ」。

新居は結果であり、始まり。まだまだ幸せの家づくりは続きます。

お問い合わせ・資料請求はこちら